一日目は、 あいにくの曇り空だった。
 美術館を見物し、 強羅温泉の旅館に着いた。
 富士山は見えなかったが、 温泉は気持ち良かった。
 焦ることはない。
 旅は 始まったばかりだ。

 翌日、 ケーブルカーとロープウェイに乗ったが、
 ガスばかりで 景色はまったく見えず、 もちろん、 富士山の影も形もない。
 温泉卵水光槍は食べ損ね、 芦の湖で船に乗り、 元箱根へ。
 旧街道の杉並木を歩き、 関所跡を見物した。
 もう 完全に ただの家族旅行だ。

 しかも、 ほんの少しではあるが、 富士山から遠のいてしまった。

 別の旅館に泊まって、 最終日、
 まだ 富士山を見ていない。
 このまま帰ったら バカみたいである。
「富士山を見たい」
 きっぱりと言ってみた。
 他の場所に行きたいと言われたら、 別行動にすれば良い。
 ここまで おとなしく付き合ったのだ。 もう良いだろう。
 一応 大学生なんだし、 元々 一人で来るつもりだったのだ。

「よし、 富士山な」
 父親は タクシーを呼んだ。
 富士山がきれいに見える場所を通って、 帰りの駅まで移動清邁自由行するつもりだ。
 いさ子は、 タクシーで富士山見物 ということに 多少の違和感が無いでもなかったが、
 話は勝手に進んでいく。
 やって来たタクシーに乗り込んだ。

 峠道を軽快に進んでいく。
 やがて 何も無い場所で、 タクシーが やおら止まった。
 地元の人らしい運転手さんが、
 待っているから、 徒歩で 林の中を進むようにと指差した。

 半信半疑ながら、 車を降りて しばらく雑木林の中を歩いて行くと、
 見晴らしの良いところに出た。
 木々に囲まれて、 ぽっかりと空き地になった場所だ。
 他には何もない。
 家族四人の他に、 人も居ない。
 教えてもらわなければ、 絶対に行かなかっただろう。

 前方の林が途切れ、
 目の前には 見渡すかぎりに 灰色の何も無い空間が広がっている。
 いさ子は、 顔を上げ、 ゆっくりと 視線を空の真中まで上げていった。


     *     *     *


「おい、 富士山が無いぞ。 どこだよ」
 すっとんきょうな男子の声に、
 車窓に群護膚產品がっていた生徒たちが 笑った。
 列車の中には、 修学旅行のワクワク感が いっぱいに詰まっていた。

「富士山だぞー」
 と言う教師の声に反応して、 すでに 大騒ぎになっている。
「ええーっ、 私にも見えない。 どこどこ?」
 困ったような女子の声も聞こえる。

 いさ子も、 素知らぬ顔をしながら、 内心焦っていた。
 もう、 富士山なんか見あきたもんね、 という風情で、
 さりげなさを装い、 窓の外を見たが、 富士山が無い。
 静かな風景と、 ただただ広い空が見えるばかりだ。
 富士山は どこに行った。

今「凛太郎 歯痛」のブログを書卓悅Biodermaき終え、ハクにせがまれ、シッコに外に出るべしで、凛太郎を左手に抱え、ドアを開けたら、上から紐状のものが落ちてきて、右手に冷たい感覚のものが一瞬止まりました。
飼い主「きゃーーーーっ」と叫びながら、ドアを開け、ドアを足で止め、手を振るい、凛太郎を降ろし、確かめるべく、玄関灯をつけたら、やっぱり「アイツ」でした。

この間、ほんの数秒、わらながら素早い動果酸煥膚きでした。
今期、初対面のムカデ、ギャ~と言いながら、踏み潰しました。
ギャ~と言いたいのはムカデの方だったかもしれませんけどね。

はぁ~。

一気にアドレナリン噴出です。

そういえば、伊賀に住まいしていた時、凛太郎が口を腫らして、ご飯も食べられず、吠えることもできず、夜にお医者さんに走ったことがありました。
その時は「ムカデとかに刺されたのでは」という診断でした。

その時のことを思い出し「あんたムカデにちょっかい出したんか?」と思わず聞いてしまいました。

多分歯茎の腫れが正解かと思いますが、ムカデを見てしまったから「どっちやろ?」と・・・。

アタクシは素早い?行動水光針で、刺されずにすみましたが、ビックリぽんでした。

本日ブログをはじめてから、初の1日2本目ブログのような気がします。明日まで待てずに書かずにおれませんでした。
まだドキドキしています。

さて、昨日のブログの最鑽石能量水後におじやの結果について「見たい」と書いておりました。

結果は消化良好のようで、つぶは見当たりませんでした。
玄米といえども、かなりやわらかくなるまで煮込んだつもりですので、大丈夫だったのでしょう。

量は、凛太郎の方はいつもより少なめ、ハクはほぼ変わらずでした。
ふたりとも色はいつもよりはるかに明るく、ニンゲンでいうところのバナナに近い便でございました。

昨晩からまたいつものカリカリご飯でしたが、心配していたストライキもなしで、ペロッと食べてくれました。

ハクは放浪犬をしていた過去があるせいか、「いただけるものは何でもありがたくいただきます」精神で、ストライキを起こしたことはありません。
凛太郎は、さすがに10年以上同じカリカリご飯なので、時々ストライキをおこします。
それでもハクに食べられたらイヤなので、さんざんご飯の前でじっと座り、こちらを見、もっとなんか入れて~という無言の抵抗をしていますが、最後は食べます。

さっさと食べてくれたらいいのにと思いながら、あまりに食べない時は花鰹を少しだけ入れてやったりするとぺろっと食べます。
凛太郎の粘り勝ちです。
昨日も書いていましたが、毎回、カリカリご飯だけでなく、牛や鹿や魚のジャーキーを細かく切ってトッピングにして一応工夫はしています。
それでも気に入らない時もあるようです。

ちなみにハクは飼い主が「凛太郎のご飯食べたらアカンで!」と注意しているので、食べ終わった後のお皿を舐めるということはしますが、食べている途鑽石能量水 問題中に盗るということはしません。
お利口です。単に母ちゃんがコワイだけかもしれませんけどね。

言うことをちゃんと聞き、怒られたらそこそこ学習能力のあるハクが愛おしく、文句が多い凛太郎は時々腹がたったり・・・。
これもハクの作戦勝ちでしょうか?
でも、日により、時により飼い主の感情が揺らぐ時もありますが、どちらも愛おしいです。

そうそう、昨日はカリカリご飯にオメガ3などが入ってないと書きましたが、いつのまにか入っていました!

二人が食べているのはウルトラプレミアム小粒です。シニアになってもご飯を変える必要が無いとされているので、ずっとこれです。

ご飯の説明は
仔犬、成犬、老犬を問わず、全犬種に対応したドライフードです。
生肉を約50%も使用していますので、美しい体格やコートに必要な、動物性蛋白質や脂肪を充分に含んでいます。

興味のある方のために原材料もコピペしておきます。

原材料:    生肉(牛、鶏、馬、魚肉、穴子)、玄米粉、大麦全粒粉、魚粉、サツマイモ、ジャガイモ、コプラフレーク、煎りゴマ、ひまわり油、グレインソルガム、コー ングルテン、乾燥おから、ビール酵母、ホエイタンパク、海藻粉末、L-リジン、脱脂粉乳、イソマルトオリゴ糖、カルシウム粉末、DL-メチオニン、乳酸鑽石能量水菌 群
成分:    粗蛋白質28%以上、粗脂肪10%以上、粗繊維4%以下、水分10%以下、400kcal/100g

ハクは雑種ですが、動物のお医者さんに行くと、患犬、患ネコの飼い主さんたちから「キレイな雑種」とよく言ってもらいます。
とても嬉しいです。ですが、飼い主何もしていません。多分食べ物だと思います。

凛太郎も動物のお医者さんや散歩をしていると「キレイにしてもろて、毎週お風呂入れてはるの?」とか聞かれたりしますが、月1です。冬場は3ヶ月ほど入浴なしです^^;
なので、二人がキレイと言ってもらえるのは、多分このカリカリご飯のおかげだと思います。

ちなみにお猫様のご飯も販売してはります。

最近は楽天でもお店を出されたようです。

↑このページのトップヘ