ある人は、冬のような家も、あなたは春ぶらぶらは夏は狂奔したり、秋を歩いて、最後まで、いつも冬に戻る、実家に戻る。冬は故郷の母SmarTone寬頻のことで、冬冬は暖かいストーブ、冬も引いてきれない家庭。冬は寒さにうっとりする、野外や室内の温かい強烈な対比;冬が神の謎は、雪の飄々と梅の香り。
冬は一番静かな季節です。ひとしきり北風がうなり、何の落葉乱舞、そして、冬は静かに、静かに雪が降り、静かに耳を梅の花の満開。雪は冬のお客様、梅は冬の主人、主客会いに際し、偽りの挨拶あいさつ、ただお互いの暗黙の瞭解と。冬の静は、川にする足どり、北方の川に固まって氷、別のたくましい姿過ごし冬;南方の川がだんだんだんだん止適応両岸人穏やかなリズム。冬の静は、農家の煙、無風時同じ空に届く、接続静かな雲、風飄々と開けるにもぐりこむ軒下に窓を見て、東の老人の飲酒、ほら噂話意図の妹。冬の静かどころか、好きけたたましく吠える犬がだらけて、人が近づくと、左ほら右を見ても、かどうかは自宅のゆずを恐れて、人違いを表に出す笑い話。
冬は最もゆったりとした季節だ。秋粮帰倉秋播き終瞭後、冬はせっかくの空き。冬ののんびり日向ぼっこを壁の老人、手の刻みたばこ鍋も鍋、ゴシップも国連にだ;冬ののんびりと農村の女性たちを見ることができる納靴底セーターをあの裁縫のステッチが多い密は多く密、密が優しい気持ちは少しも失われない。冬ののんびりまだ見ていたずら子供たちの雪だるま、より大きく、よりも似ているし、それを鼻の物に変えて小さい枝から玉米芯、サツマイモ替えニンジン、もう自分の鼻をねじってて不安。冬がただあって、農民たちの多忙にやっと一段落し、時間を空けて素晴らしい生活を享受します;冬がただあっては、村人たちの苦労にになって、カジュアル、勝手にと安易になる。
冬は一番きれいな季節です。白い冬の主な色調もなく感動は一分の清浄で、雪は冬の晴れ着を着て、どこもピカピカの世界は、透明數碼通な氷塊にではなく、あなたの顔にも映る君の心。冬のクリーンは木が生い茂る葉が落ちてゆく、も厚い偽装を脱いで、すべての枝ややっても率直に会って、兄弟の言い放っ意気投合を訴えている。冬のクリーンは空みたいけど、遠いのに、雲がないなら、雷と狂风骤雨。冬のクリーンは雪山が増えたようにして天に向かって渋い少女展示と神聖。冬の寒さに直面してきれいには人々の粘り強い一丸となって、心に余裕が落ち着いて、一家団らん優雅な心理状態は幸福感は無限に拡大。
冬は確かに1家は、すべての憧れの心の住居は親心でとろける暖かい場所は、夢が葉う事の時に、人生の貴重な佳境數碼通

象はライオンの恩寵を得て、すぐこのニュースに全体の森。まるで昔、みんなはこれに対して推測:象の寵愛を受けるのはどういうわけですか。象泰國曼谷自由行は抜群で、面白くない、行動が下手、機知が足りない。
森林の中はとても早く議論が喧しい始めて。狐尾を振りながら「もし彼が1本の私のようなもこもこの尾、あれは私は少しも奇怪だと感じました。」
熊は足裏になって、彼はやっとこのように栄光を誇ります。そうなったら、誰もできないことを異常と、しかし彼は足の裏は、この点は皆知っている。彼が象機票查詢牙に対してはあるのか」
犍牛口出し道:“やはりライオンが間違えて象牙角とか」
ロバの耳を煽り「もともとあなたは彼を知らないどのように寵愛を受ける、どのように盛大に起きましたか。彼は長い耳、ゾウは決して寵ことはできないと推測している。」
私たちはよく人を礼賛て、うっかりして自分を褒めて。

法廷外瀟湘蔓延し、雨、傘をすでに逃してあなたは。しとしと煙雨、うなされの瀋に伴う;私は思い出に生きて、再びあなたを愛します。――題言。
紅塵の渡し場の岸辺で、誰が使ってほっそりとした瞳、冷たくサスペンド孤独の誇楊海成り、つかの間の向こうに立っているさざ波を詠んだ前世のことを惜しむ。時の流れの隅に、誰が使って雪上無痕の卑恋;黙守それだけはとっくに亡くなった苦情、懐かしいあの流れる水のごとし昔年。私は靑白い手は三世の石の彫刻の思い出のためだけに望んで、三世の三世の巡回の中で、一度君と春柳の梢の初の朝、出会いは三月の季節の花が咲く。
今夜のまばらな霧雨を織り成す七色の霞の衣、ネオンのELがこんなに白い無色。私は路戦で雲スター火の点滅、深遠な想いを胸に連なり、なでるこのゆっくり琴瑟の中で、流觞骨にしみる深くても、なかなか帰らないで別れを奏でる。私はまた抱え千古の恋しい、孤独で先の駅で雨上がりの庭のほかに、雨に濡れている私は、野放図な深い思い出、私は依然として馬鹿にいてあなたの帰期。
静守夜はやわらかな光が、私は生の思い浮かんで頬;任時光の流れで感傷でそれにもかかわらず、蛇行の寒い米の誓いぶら下がって眠り湎;心の傷も愈されて時間。
ホットポットどぶろく、独酒を飲みに酒に酔う小さく喉;淺され、醉梦落花流水のように遠く;歳月の折り畳みた傷過去、私は独依ビルも見えない暖かい。散って殘花月容のように、一念冗長な想い悠々揚揚;私は独飲して苦い、半杯酒は月實德ダンス、独りで寂しげな姿を転々と夜眠れない、いくら靑白い燈火ている?紅塵碎梦の中で、誰が私にこのように静か池秋水真情;苦い青衿の年回りに伴って、靑春の落差があなたと咫尺天涯。
月夜の星の夢の中で、あなたは立って遠くに軽く置いて水色の罗裙;揺れる霧雨草と花の中で、この世界の最も清浄な香り携着。私はあなたの愛の隅には、酒の千杯の酔っている。あなたの影を思い出し時、あなたは私の世界でその身振り落とさ霞;染まる秋月夜雨の澄んだ、一生の約束に映る。今夜、私は窓の外を借りて、最後に一縷の月華;あなたの繊細な手に触れ、君と庭に踊る曲哀しみの『照らし出す」;それを刻む千古恋だから美しいダンス、涙は私の目睫の奥が氾濫している。
静聴荷淺、殘る1筋の暗香浮動;想い漫た前世の街角、懐かしあなたの最初の様子。霧雨ブレ膿涙、私の静かなお酒を抱き合って;曲だけ人は結局は晴れ、誰もはまって思い出を離れたくないですか?花はしょせん夢の数千年、塵、今生愛情の渡岸、彼女はとっくに見知らぬ人;私を再び深い酔って、押し杯はどうなの?
西窓雨シン痩せて、さざ波は軽い動ハスの花の香りが、眠りの愛情の夢の中で蘇生し、後の殘忍な愛情を再び幻滅。一葉の扁舟は海流に乗って、翻りて楊海成どこがどこに止まる?翻りの小舟、秋月の冷たい風の数度の摧殘に耐えて摧殘か?雨の中酌酒、。離愁より勝ち愁?いつか酔って入醇化し、どこに君と僕がまた逢える?1度の雨、手すりにもたれて;筆墨流若死に機に向かって涼、傾城一簾大き染め。
今生、誰が私の相思の下に置くことができますか?いかんせん秋月またフック、独に西のほかビルは、月が欠ける寝つくど難全?楼外煙雨落花落花、思いは糸のように哀愁を憶。

↑このページのトップヘ