紅塵の夢、夢は虚空。歳月は非情で、浮雲に似ている。人生は素晴らしい、非常に無力だ。世の中は美しく、短い瞬間に。人はみな矛盾曼谷機票に生きているらしい、悩みを感じているらしい。離れていても。憂いと悲しみ、また時が短い。幸せは満足しない、何か欠けていると感じても。ひたすらに完璧を求めて、実は完璧な根本は1種の幻で、永遠に出現することはできません。現状の理想の追求には満足しないで。生きていることは辛いけど、見事には失わない。生きて疲れて、幸福を失わない。満帆満帆の人生はない。完璧なものはない。生きて、生活の中の辛酸苦楽をなめて、いくつかの曲折の苦難を経験したことがある。もっと大人になり。苦労をしないで、苦しくて、また人に熬んじゃないか。失敗を経ず、成功はまたどこからか。
命は短い、生涯に最大数百年でしか生きられない。この百年の中で。何人は無事牛熊分佈に過ごしますか?何人は順調に行われますか。誰にも多くの苦境に直面して、各種の異なった巻きと心を悩ます。毎日が多すぎて毎日困らない毎日困らない。これは私たちがどのようにどのように考えているか、鬱々がありますか?それとも、ほほえみは涙を流すことですか?それとも、強いですか?。気持ちは違う。行かないことは何もない。努力すればすることで、必ず成功のことができる。成功の道には多くの汗と涙を払って。無人で成功に達することはない。私たちは事を見て他人のうわべを見ないでください。実は人はすべて悩み、人は至る所にすべて完璧ではありません。完璧は永遠に存在しない。
紅塵の間、私たちはただ慌ただしい旅人に過ぎない。何十年後に私たちは消えてゆく。私たちのこの光陰の中で。私達はいかなる事をするに関わらず、すべて1粒の善良な気持ちを持ちたいです。生きていると心に恥じないで。良心のある人をして。くれぐれも他人を傷つけないで。世に善には善の報い、悪には悪の報い。新聞ではない、時が来ない。お金のために、人と人との計算をする必要がない。更に1件の事のために他人と怒っている必要はありません。同僚であろうと、隣の家族あるいは友達です。出会いはひとつの縁。広大な海の人。何人と出会うことができて、いくつか人は知り合いになって、いくつか人は出会って、いくつか人は会うことができて、すべての感情を大切にする。人生の縁を大切にする、最も誠実な心で人に対応し、あなたは同様の仕返しのを得ることを信じることを信じます。善良な心でエンデに行って、あなたは得たのも同様に恩典です。
私たちが生きていることは幸福で、健康を持って、健康は1種の幸福です。多少人は病気でもがくしている。多少人は痛みに苦しみ。何人が障害に直面している。何人も話をすることができない。多少人と生死の別れが。何人浮瀋浮瀋。何人が死に直面して。私たちは健康で生きて、本当に喜んでいるべきだと思っています。貧乏の富、貧乏と富とは何の違いもない。人とは失败と、損得は空虚になる。命も失ってしまった。たとえ全世界を持ってまたどのようですか?私たちは淡看すべて歩いてみれば、簡単に。紅塵に静観する。命は短く、世界は素晴自我增值らしいです。満足は楽しい。心の永遠に一つの満足心がある。人生の素晴らしさと美しさを感じます。苦しみも一日、楽は一日。私たちのすべての時間を大切にする、私たちの機会を把握することを、私たちのすべての時間を把握しています。幸福は私たち自身で創造して、生まれつきのものではありません。
すべての過去を忘れ、すべてが飘逝。過去のすでに過去、思い出にはならない。今の私たちは大切に大切にしたい。未来のことは予測しがたい。行かない人を羨むの持っている、行く必要がないを富にして心を悩ます。多すぎる執着は追求、自分にはいろいろストレスをもたらしている。アウディとBMWは持つことができないかもしれない。でも健康と平安は持っている。あなたは、別荘、ビル、または高層ビルを所有することはできません。でも幸せと快楽を持っている。人生の本無の完璧な、何も千千結び目。紅塵はすべて思い通りに如意て、また何でもない痛み心に心がある。また、悲しくても、悲しくても。この必要はないようだ。私たちは多すぎることはできませんが、日光のような心理状態は最大の幸福です。両親は私達の生命に与えて、感謝する社会は私達に衣食を憂憂憂。友達に感謝の友達に関心を与える。身内に恩を感じる。私達は永遠にすべて1つの感謝の気持ちを持って、私達の人生やっと更に意義がある、輝かしい彩りに満ちています。生活はもっと幸せになると。もっと美しく。綺麗な綺麗さは永遠に新しい一日を伴っています。

11月23日、長女と姫路城へ行ってきた。

まず、新幹線から眺望できるお探索四十の麗容に、息を呑んだ。

姫路駅から出ると、そのお城が真っ直ぐ先に見え、胸が躍る。
歩いて行けそうな距離だが、後のことを考え、体力温存を計ってバスに乗る。

観光客向けのループバスだが、駅からの案内表示が分かりにくく、少し残念。
さらに、小さなバス内はぎゅうぎゅう詰めで、道路も渋滞してなかなか動かず、途中で降ろしてもらいたくなる程だ。
連休中日でなく、普段なら、もっと快適なのだろうけれど。

停留所のある大手門前広場で、賑やかにグルメ市をやっていた。

昼食後、「ひめじの官兵衛・大河ドラマ館」に行く。
綺麗な衣裳や小道具を、感心しながら見る。

それから内堀を渡って、いよいよ菱の門をくぐる。
三の丸広場のどこから見ても、天守閣が美しい。
姫路城内は、歴史好きにnu skin 如新とって、それ自体が垂涎の史跡。
官兵衛ゆかりの石垣なども、分かり易かった。
本丸工事中で「はの門」までしか入れなかったが、代わりに「りの一渡櫓」にて黒田家に関する品々が展示されていた。
特に、勢ぞろいした甲冑は、見応えがあった。

小春日和で、紅葉が美しいシーズン、凄い人出だった。
場内の混雑はかなりのもので、西の丸百間廊下では、立ったまま長らく待たされた。

お城に隣接する好古園で、お抹茶を飲んだ。
紅葉に彩られた日本庭園は、最高に風情があった。

帰りはループバスでなく、アーケイド商店街を駅まで歩き、タコピアというフードコートで、明石焼き風たこ焼きを食べた。
ネット情報通り、並んだ甲斐あって、美味しかった。

帰りの新幹線は、行きと反対側に座れたので、チラリと見えた明石の海や、暮れていく神戸の街など車窓を楽しんだ。
京都を過ぎてからフタを開けた、駅nuskin 香港弁のあなご飯が夕食で、これがまた、この日一番の美味しさだった。


朝8時前に出発して、『軍師官兵衛』が始まる前に、帰宅できた。
つまり、片道300Km以上を往復して、かつ姫路城観光を堪能する日帰り旅行が、12時間でできたということだ。
なんとまあ、新幹線のありがたいことか。


大河ドラマをゆっくり観ながら、体中にじわじわと、幸せが行き渡るのを感じた。

わたしのブログは、ひとりツッコミ、ひとりボケ、自問自答、完結型。
本人は、気分スッキリ。
この文体に慣れていたが、ある日、個人にメールを送ったときに、過ちを犯した。
一刀両断、自分を斬る書き方で独植牙り言、つぶやき風の箇所を入れたメールを書いたら、
読んだ方が、ものすごく動揺し、火を噴いた。

「あなたは、二つの顔がある。天使と悪魔だ」

なんと大げさな、と、わたしは、慄いた。

そんなすごいことを書いたっけ???

まったく思い当たる節がなく、とりあえずは、陳謝し、(これは、けっこう腑に落ちなかったが)
その後、送ったメールを一文一文、検証する作業に取り掛かった。

この段落は、こういう意味、次の段落は、ああいう意味、さらに、その次は、こんな意味・・・
だいたいは、文字通りの意味なんですけど・・・
みたいなかんじ。

わたしは、相手を怒らせるような要素は、まったく書いていないつもりだった。
が、くまなく、ひとつひとつ懇切丁寧商鋪裝修にチェックした結果、どうやら、その魔の一文があぶりだされた。

「あまり頑張りすぎず、アンチエイジングも、ほどほどに」
こんなかんじの箇所。
自分が最近、自分や、年齢に関連して感じることで、もちろん、わたしは自分のことを言ったのだが。
(「ほどほどに」の後に、「したいとわたしは思います」が必要だったか?)
読んだ相手は、自分のことだと受け取ったらしい。
(「ほどほどに」の後に「してください」とご自分で付け足した様子)

烈火のごとく怒られてしまったわけだが、反省もした。
誤解を招く書き方を自分では自覚せず、知らず知らずにしてしまったのは、わたしだ。
書き方も反省の余地があるが、内容が、デリケートだったようだ。
お年寄りをへんに刺激してはいけない。
わたしはまだ、本格的な年寄りだと自分のことを思っていないので、気軽に表現しているが、
深刻なお年寄りにしてみると、さらっと笑えないようだ。(その人も、さほど超お年寄りではないが)


わたしのいつものブログの文章は、気をつけなければいけない、と思った。
メールの時は、いちいち念入りに考え、チェックし、送ることになった。
めんどくさくて、メールが遠のきそうにもなった。
というか、思いを書けないメールなど、たんなる事務伝達だ。
もともとメールは、そういうためのものであるが。

怒りスイッチが、意外なところに隠れていることを発見したわたしは、
当然ながら、そのスイッチを押さないよう、丁寧に扱うことになったが、ある意味、距離を置いた。
触らぬ神にタタリなし。

年を重ねた方のプライドたるや、すごいなあ、とも感じた。
尊敬するかといえば、めんどくさくなった。
わたしは、めんどくさいのが、苦手。
腫れものに触るかのごとく、ではあるが、文章を書くのは苦にならないので、
メールを書くときは、相手によって、言旅遊市場葉を選ばなければいけない、と、肝に銘じた。
(なんて、大げさな)
というか、そういう類のことは、むしろ得意だったりするので、じつのところ、なんの苦労もしていない。


ということは、わたしの文章は、じつに、軽いということだろう。
そりゃあそうだ、毎日毎日、ブログを、ちゃらちゃらと、たいして考えもせず、思いつくままに文字にして
アップしているのだから。

心のこもったことを書く場合もあるのだが、
ついつい、演出過剰になってしまう傾向にあり、自分でも困っている。
(という、この書き方自体が、すでに演出過剰)

ということで、文字による、ぺらぺらオシャベリも気をつけなければいけないということだ。
気を悪くされている方々も、大いにおられることだろう。

↑このページのトップヘ