1、衣は暖かい。美観あまり暖かくて、できないことも薄く、暖かい風邪を引きやすい、冷えが冷えやすい。
2、食はお腹いっぱい。食事は七八分いっぱいで、太さに合わせて、生臭物とあっさり相兼、食前スープを飲むなら、タバコを吸わず、酒を飲まない。
3、住んでいるが奢り。聖人は鶉居して鷇食す居室なら、清潔で快適な、やらなくてそんな立派で堂々として、容易に奪誌で堕落し悪くなる雅思报名
4、行は富。体が健康で、できるだけ歩代車で。出かけるにしても、乗りはしても、足の足はすばしこいになる。
5、労組は疲れている。労働の強さは限度がある、負荷量を超えると体のダメージをもたらします。切り替えに注意して、仕事はち時間以外、適切に休む。
6、逸は不安だ。涙を失ってごろごろして、生活の趣を、落胆、これでも、定年退職して家でも多くの活動に参加し、散歩したり、絵などを書く、将棋芝居を見て、新聞を読むことを維持して、よく頭を働かせる、気持ちよく、寿命を延ばす増寿。
7、喜歓。人はめでたいことは喜び、しかし、喜びはできない。古人の範進“挙人”になる気が狂った後、すなわち喜びと。
8、怒りはドカ。心に悩みを持って、くれぐれも生の怒り、怒りは肝を傷つけます。自分の情緒を制御して、涵養を高めて、楽観的な処世。
9、名は求めて。名利の外部のもの、生を与えない、死を持っていって、名利は目を渡る鳥。
10、利はむさぼらにすぎない。「酒色财气」私は取らず、「花鳥風月」が的外れだ、無欲、心にかかるものはないこと、上見れば及ばぬ事の多かりき笠着て暮らせ己が心に、自然に耄耋恙無い大學科研成就